【どこの業者に頼んだら良いかわからない】

ケースA
「新築を建ててもらった業者に頼もうとしたらもう会社が無かった」

ケースB
「近所の会社にお願いしようとしたら、取り扱いの無い工事だと言われた」

いざ外壁工事やサイディング工事をお願いしようとしたときに一番困るのが業者選びだと言われます。

10年に1度の大規模修繕ですので、
初めて経験するという方がほとんどですし無理もありません。

【ケースAの場合】

乱立している建築業者ですので、
家を建ててもらった業者さんが存在していないというケースがあります。

業者選びでみなさんまず一番に考えるのが、
新築を建ててもらった業者さんへの依頼だと思います。

定期的に訪問・連絡をしてくれていた業者さんであればよいのですが、
いざ久しぶりに連絡をとってみると連絡がとれなくなっていたりすることがあるそうです。
とはいえ、あなたの資産であるご自宅のメンテナンスの周期はやってきてしまいます。

【ケースBの場合】

特殊な工法で建てられていたりすると、
近所の業者さんでは断られたりするケースBのような場合もあります。

また、近所の業者さんに外壁塗装やサイディング貼替工事を依頼しようとした場合に断られる中にもいくつかのパターンがあります。

・忙しい時期で自分のとこの顧客から埋めていくため突発的な依頼は断っている
・部分補習などの小さい工事は断っている
・内装専門業者で外壁修理、補修が専門外

忙しくて手が回らない場合に正直にお断りをされるケースは仕方が無いと思います、
無理やりスケジュールをねじ込まれて職人さんに無理のある施工をしてもらっていては良い外壁工事は出来ません。

近所の会社さんが内装リフォームが得意な業者だと知らずに依頼をしてしまい、
お断りをされるパターンであれば仕方が無いかと思います。

ただ、内装業者さんが外壁工事を請け負った場合には、ほとんどが外注に振ることになります。
支払いまでに絡む業者が1つ増えてしまうので、
必然的に施工金額があがってしまいます。

近所の会社さんが得意とする工事がなんなのかを見極めることが大事です。

スケージュール的には問題なく施工にはいれるはずなのに部分補習などの小さな工事を断られる場合、
こういった業者さんも注意が必要かと思います。

【大切な資産のメンテナンス】

大切な資産に手を加えてメンテナンスをするわけですので、
本当に親身になって説明・提案をしてくれる業者でないといけないと思います。

工事の大小で顧客を選ぶ業者が本当に親身といえるでしょうか?

三洲リファイン株式会社では、
ご説明を丁寧に、お客様にはしっかり納得をしてもらい施工に入るという事を徹底しています。

どんなに細かいご質問でもお答えしますので気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

スケジュールに関しましても、職人に無理のない施工スケジュールを組んでおりますので、
お客様としっかり打合せの上双方のご要望をうまくすり合わせた形で気持ちの良い仕事をさせて頂ければと思っています。